預金封鎖?ハイパーインフレ?

 
森友、加計問題の陰にかくれた感のある「アベノミクス」。

これも「いつか化けの皮が剥がれる」と言われていましたが、もう剥がれちゃいましたね。

実施当時、一時的に株価が上がった事で景気が良くなったように感じた人もいるでしょう。

しかし、ご自身がお勤めの会社の業績がグーンと上がったりしました?

給料が大幅アップしましたか?

ありませんよね。

そう、実体経済には何の変化もなかったのです。

全ては錯覚だったのです。

そして、その反動というか負の部分が徐々に顕在化してきた感じがします。



日本は世界一の借金国家。

今や国債を発行するのは当たり前の感覚になっていますね。

税収で足りない分をすべて国債で賄うしかないから仕方のない事かもしれません。

で、国債を乱発して借金を積み上げても国が破綻しないのはなぜでしょう。

それは、日銀が国債を引き受けて、お札をジャブジャブ印刷して回しているからなんですね。

でも、これって本来は禁じ手なんです。当たり前。

国の中央銀行がこんなことをするのは許されるはずはないのです。

日銀前総裁の白川さんは、政府から要請されても断固としてこれを拒否していました。当然ですね。

しかし、黒田さんに変わってからは方針が変わります。

その禁じ手を平然と行うようになってしまいました。

アベさんとの癒着ですね。

日本の借金の額は世界一。

その上、毎年金額が積み重なっていっています。

返済できると思いますか?

絶対に無理です!!

じゃあ、どうなるのか?

それは・・・

預金封鎖、新円切り替え、ハイパーインフレの流れが濃厚です。

「預金封鎖」というのは何かというと・・・

金融機関に預けている預貯金が、「生活に必要な最小限の金額しか引き出せなくなる」事をいいます。

そして、政府はこう言います。

「○月○日から新しい紙幣に変わります。ついては、○月○日までに旧紙幣を預け入れて下さい。そうしないと、○月○日から旧紙幣は一切使えなくなります」

そう、タンス預金のあぶり出しですね。

なので、現金で所有していても無意味ということになります。

そして、国民一人一人の預金額を調べ、預金額の何十%を預金税(資産税)として強制的に徴収してしまうのです。

マイナンバー制度はその布石と言われています。

政府は借金が膨れ上がってどうしようもなくなった時に、突然「預金封鎖」をします。

それは、ある日突然やってくるでしょう。

秘密裏に行われるので、関係者以外は誰も知らされていないからです。

企業倒産と同じですね。

さらに、ハイパーインフレが起こります。

物価が数倍~数十倍になるのです。

昨日まではラーメン1杯が700円だったのが、いきなり7,000円になったらどうします?

生活していけますか?

「物価が上昇すれば給料もそれだけ上がる」という考え方もできますが、それは楽観視し過ぎと言わざるをえません。

個人的にはハイパーインフレが起きたら紙幣など紙屑同然になると思っています。

そして、ハイパーインフレが起こると同時に国の負債も目減りするので、借金もそれだけ減ることになります。

国の借金が数分の一~数十分の一に減るわけです。

そこで、国民から搾り取った預金税で、その借金をチャラにするのです。

これは荒唐無稽な事ではありませんよ。

事実、戦後の日本はハイパーインフレの経験がありますしね。

あと何年後かわかりませんが、いずれその時が来る!・・・かもしれません。



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す