新潟名物の「たれかつ丼」は、普通のかつ丼とは全く違う!

 
とっておきの新潟グルメ、もう一つありました。

忘れてはいけない新潟B級グルメです。

と言えば、おわかりの方も多いと思いますが「たれかつ丼」です。

ソースかつ丼ではなく、どちらかというと醤油風味の甘辛いタレを絡めたかつです。

何気に添えられている野沢菜も嬉しいです(^^

タレが染みたご飯との相性もばっちり。 ↓

意外とあっさりしているタレですね。

もっとしつこい味付けかと思っていました。

この「たれかつ丼」は、新潟市内の色々なお店で食べられる事ができますよ。

今回の新潟旅行ではスケジュール過密で食べるのは無理かな?と思っていたのですが、帰り際に寄った越後湯沢駅の「天地豊作」というお店で食べられました。

では、今回の新潟観光で行った残りの二ヵ所をご紹介します。



まずは「美人林」 ↓

これはブナ林です。

昭和初期、木炭用としてこの辺りのブナは全て伐採されました。

その後、ブナの木々が一斉に育ち、すらりとした立ち姿が美しいことから「美人林」と名付けられたそうです。

今では全国から大勢の写真愛好家や観光客が訪れる名所になっています。

季節によって色々な顔を見せるこの「美人林」。

十日町の観光サイトで綺麗な写真を見ることができます。

池には大型の鯉がたくさん泳いでいましたよ。

お次は「龍ヶ窪(りゅうがくぼ)」をご紹介します。

この龍ヶ窪には、なんと「龍神伝説」があるんだそうです。 

伝説その1からその4まで、4つもの伝説があるのですね。

では、舗装された林道をズンズン進みます。

「奥の龍神様」という道しるべがありました。

あれ!龍神か!?

違いました。

段々と獣道のようになってきました。

到着しました!

ここが龍ヶ窪です。



この水は湧水らしいです。

日本名水百選にも選ばれていて、地域住民の生活用水になっているんですって。

【天地豊作】新潟県新潟市中央区花園1-1-12 新潟駅ビルCOCOLO南館



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す