三菱UFJ銀行になりましたけど

 
2018年4月1日から、「三菱東京UFJ銀行」が、「三菱UFJ銀行」になりました。


誰もが思っている事をここで一言。

いっそUFJも取って・・・

「三菱銀行」でいいじゃん!

それだと合併前の行名と同じになる?

それなら、全く別の名前にすればいい。

かつての「太陽神戸三井銀行」「さくら銀行」になったように。

そもそも漢字とアルファベットの組み合わせって・・・。

では、「UFJ銀行」はどうでしょうか。

こちらのほうが何だかカッコいい。

「三菱銀行」だと、振込用紙を書くときに「菱」の時がめんどくさいけど、「UFJ」なら簡単だ。

でも、「三菱」ブランドにこだわりがあるようなので、これはずっと使われるのでしょうね。



そういえば、振込用紙で思い出しました。

私の職種は経理なので、自社建物の火災保険料や従業員の生命保険料等の支払い処理を定期的に行っています。

支払いは振込用紙に記入する必要があるのですが、損保会社の合併による社名について、私が声を大にして言いたい事があります。

今すぐ社名を短くせよ!!!

たとえば・・・

「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社」

ただ繋げただけじゃん!

もう損保会社か生命保険会社かわからん!!

一つの社名に漢字とカタカナとひらがなとかやめて!!!

用紙に記入して振り込む場合、正式名と一緒にカタカナを記入する必要があります。

というか、カタカナの方が大事なのです。

上記の社名をカタカナで記入すると・・・

「ソンポジャパンニッポンコウアヒマワリセイメイホケンカブシキガイシャ」となります。

更に、うちの会社では代理店を通して保険契約をしているので・・・

「ソンポジャパンニッポンコウアヒマワリセイメイホケンカブシキガイシャダイリテン カブシキガイシャ○○○○ ダイヒョウトリシマリヤク○○○○」

と、更に長くなります。

実際には、「株式会社」は「(株)」と略してもいいのですが、いずれにしても用紙から絶対にはみ出ます。

まず社名からして、「旧社名にこだわっていますよ。利便性は二の次ですよ。」と宣言しているかのようです。

もっと利用者の事を考えて社名を付けてほしいですね。

どうですか皆さん?



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す