103万円の壁が150万円になりました

 
パート勤めの主婦は、年間収入が103万円を超えないように労働時間をセーブします。

なぜかというと、103万円を超えてしまうと、夫側の所得税計算で「配偶者控除38万円」が受けられなくなるからです
(とはいっても、103万円を超えたら38万円が即ゼロになるわけではなく、段階的に控除額が減っていく「配偶者特別控除」というのがありますが、ここでは省略します。)

要するに、「夫の所得税が高くなるのを避ける為に、ギリギリのラインまでしか働かない」という事です。

これが一般的に「103万円の壁」と言われているものです。


しかし、2018年度からこの壁が150万円まで拡大されることになりました。
※正確には、配偶者収入が0円~103万円は「配偶者控除38万円」、103万円超~150万円は「配偶者特別控除38万円」が受けられます。

「生活のためにもっと働きたい!でも、103万円を超えないようにしないと・・・」。

とパート時間をセーブしながら働いていた主婦にとっては嬉しい知らせでしょう。



しかし、そうなると今度は健康保険と国民年金の話も絡んできます。

年間収入103万円以下でパートをしていた主婦は、夫の会社の健康保険の被扶養者になっていると思います。

自身の保険料負担はナシで、夫の会社の健康保険の扶養になっているわけです。

年金も同様で、自身の保険料負担はナシだけれど将来の年金受給資格にカウントされる「第3号被保険者」になっていると思います。

そして、この「健康保険の被扶養者」と「国民年金第3号被保険者」になれるかどうかの基準は、「年間収入が130万円を超えるかどうか」なのです。

控除を受けられる収入が103万円から150万円に拡大されたからと言って、そこまで目いっぱい稼いだとしたら・・・

「配偶者特別控除38万円」が適用されて所得税を抑えられたとしても、今度はその主婦本人の健康保険と厚生年金(または国民健康保険、国民年金)保険料負担が増えてしまうのです。

「103万円」という壁だけが有名で目立っていますが、実はそれ以前に100万円を超えたら「住民税」が発生します。

これは「100万円の壁」と言われる場合もあります。

所得税は国税ですが、この「住民税」は市町村に納める地方税ですね。

100万円の壁、103万円の壁、130万円の壁、150万円の壁とか・・・(細かく言うと、他にもいくつかの壁があります)。

非常にわかりにくいですよね。

所得税、住民税、社会保険それぞれの制度の違いがあるので、壁の高さもまちまち。

「あっちに引っかからないようにすれば、こっちに引っかかる」という状態(笑

「夫婦がそれぞれどれくらい稼いだら最もムダがないのか?」という疑問ですが、それぞれの個別事案によって様々なのでここでは断言できません。FP(ファイナンシャルプランナー)に相談して頂ければ良いでしょう。

しかし、このような法律は毎年どんどんと変わっていくので、個人的には「難しいことは考えずに、稼ぐだけ稼いでその分の税金は納めれば良いのでは?」と感じています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す