クレジットカードを悪用されたら

 
キャッシュカードに続き、今回はクレジットカード被害に遭った場合についてです。

クレジットカードはとても便利です。

現金を持たずとも買い物ができてしまいますし、支払い回数も一括だけでなく分割を選ぶこともできます。

ネットでの買い物やサービスの支払いなども、今やほとんどクレジットカード決済。

それだけ一般社会に浸透しているという事ですね。

では、クレジットカードを紛失したり盗難に遭ったりして、その結果被害が発生したら・・・

誰がその被害を被るのでしょうか?

答えは・・・



カード会社です。

実は、クレジットカードには発行された時点で保険が付いています。

カードを失くして被害にあった場合の「紛失保険」と、カードを盗まれて被害にあった場合の「盗難保険」です。

保険はどんな時に適用される?

・財布を落とした、盗まれた
・財布をスリに盗まれた
・泥棒にカードを盗まれた
・知り合いや友人にカードを盗まれた
・スキミング詐欺にあった
・フィッシング詐欺にあった
・カード利用した通販サイトから情報が漏えいした
・海外で勝手に使われた
・カードを使ったお店が二重に決済をしてしまった

これらのケースでは、ほぼ間違いなく保険の対象になります。

手続きの仕方は?

カード会社にすみやかに連絡をしましょう。

基本的に、24時間365日受け付けてくれるので、気が付いたらまず電話連絡です。

いつまでに電話をすればいいの?

多くのカード会社では、被害が遭った事が発覚してから60日間のようです。

例えば、利用明細を見て初めて被害を知った場合は、すでに被害があってから相当日数が経過しているはずなので、一刻も早く連絡をしましょう!

利用明細をロクに見ていない場合、気が付いた時には「すでに60日を過ぎている!」なんて事も。

ですので、毎月の利用明細はきちんとチェックしましょう。

郵送される紙の明細ではなく、ネットでリアルタイムで見るのを習慣化していれば、被害に遭っても気が付くのが早いと思います。

また、使わないカードを何枚も持っている場合、その内の何枚かが盗まれても気が付かない可能性があるので要注意です。

普段から最小限のカードを持ち、利用履歴をきちんとチェックする必要があります。

どのような場合は保険適用されない?

これもキャッシュカードの時と同じく、カードの暗証番号を生年月日や電話番号、車のナンバーなど、安易に推測できる番号にしていた場合は保険の対象にはなりません。

財布に暗証番号を書いたメモを入れていた場合や、カードに暗証番号を書いていた場合も同様です。

また、「カードを違法に使われた!」といっても、それが家族であれば保険の適用外となります。

それから、クレジットカードは「契約者本人のみ使用」を条件に発行されているものです。

たとえ本人の同意があったとしても、他人(家族であっても)がカードを使用してはいけません。

この場合、使った人が詐欺罪になる可能性もあるのです!

近年はクレジットカード犯罪に関するニュースなどもよく耳にしますし、「だからカードは怖い!」「やはり現金が一番安全だ!」と思われている方も多いと思います。

高齢者ほどその傾向は強いでしょう。

しかし、本当にクレジットカードは怖いでしょうか?

例えば100万円の現金を盗まれた場合と、限度額が100万円のクレジットカードを盗まれた場合を比較すると・・・

現金を盗まれたらそれっきりです。

しかし、クレジットカードを盗まれて不正利用されたとしても、適正な使い方をしている限りは本人が被害額を被る事はないのです。

保険がついている分、クレジットカードの方が安全と言えそうですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す