副業で稼いでいる方は確定申告が必須です

 
確定申告はお済みですか?

近頃は、副業で「月収いくら稼ぎました!」という話をよく聞きますね。

不動産投資、株、FX、仮想通過、せどり、アフィリエイト・・・etc

サラリーマンをしながら副業で収入を得るって凄い事だと思います。額は関係なく。

「毎日会社で働いて給料を貰う」ことだけが収入を得る手段だと思いこんでいる
「収入は会社からの給料のみ」それ以外は考えたことすらない

という人と一線を画す思考の持ち主であり、危機意識を持った行動力のある人だと思います。

しかし、年間の副収入が20万円以上だと確定申告する必要があります。

そう、所得税が発生してしまうのですね。

確定申告の目的は、「その人の前年における正しい所得税額を確定させること」。

所得税を多く納めていれば、その分の還付を受ける。不足があれば追加で納める事により、確定申告の完了となります。

また、当たり前ですが、経費を正確に計上して正しい税額を計算し、しっかりと納税する事が最大事です。

収入の過少申告、経費の水増しはいけません。

これは脱税行為に当たり、立派な犯罪です。

日本の税務署員は非常に優秀なので、脱税はすぐに見抜かれてしまいます。

軽微な申告ミス等で取るに足らないような金額であれば、通常は見逃されますけど(笑

細かい金額でいちいち動いていたら効率が悪いですし、それこそ税金の無駄遣いと言われてしまいそうですからね。

しかし、繰り返しになりますが、故意によって「本来は経費として認められない支出を経費扱いで計算する」のはいけません。

ある程度の金額になると、税務署は絶対に目をつけてきます。

「ちょっとくらい大丈夫だろう・・・」と思って申告するとします。

その後、税務署から何もお尋ねがないので、「大丈夫だったんだ、良かった!」と安心します。

すると、翌年もそのような申告をしてしまいますよね。

しかししかし、税務署側はしっかりと把握しています。

その上で・・・

わざと泳がせているのです!

そして、数年後に税務調査に入ります。(税務調査は企業に対してだけではなく、個人事業主にも成されます)

結果、延滞税と重加算税もがっぽり取るという作戦なのです。

怖いですよねー。

しかし、納税は国民の義務です。

稼いだ分はしっかり納め、また副業に精を出しましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す