温泉の定義

私たちの生活に身近な「温泉」

誰もが一度は浸かった事があるかと思います。

しかし、そもそも「温泉」って何でしょうか?

一般的には、大地から湧出する温水の事を「温泉」と呼んでいます。

では、温かければ「温泉」で、冷たい場合には「温泉」とは呼ばないのでしょうか??



実は、日本には「温泉法」という法律があります。

ご存じでした?これはあまり知られていないようですね。

そして、その中で「温泉」の定義が定められているのです。

温泉法第二条によると、『この法律で「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。』とあります。

そして、その「別表」に掲げられている温度と物質の条件とは次の通りです。

1.採掘時の水温が25℃以上である事。
2.19種類の成分ごとに定められている規定値のうち、1種類以上規定値に達している事。

つまり、この「温度」か「成分」のどちらかに当てはまれば「温泉」ということになります。

ですので、採掘時に25℃以上あれば成分が含まれていなくても温泉と言えますし、冷たくても成分が規定値以上であれば温泉と言えるのです。

ちなみに、他国で温泉と認められる温度は、ドイツ・イギリス・フランス・イタリアは20℃。アメリカは21.1℃。韓国・台湾は30℃だそうです。

どの国も規定値ギリギリでは体温以下になってしまいますので、実用する場合には加温が必要そうですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す