ペーパードライバー

職場に後輩が入社してきました。

その後輩、運転免許は持っていますが所謂ペーパードライバーです。

ペーパーでもある程度運転できればいいのですが・・・

試しに安全な場所で運転させても、「本当に教習所に通ったのか??」という運転レベル。

後輩曰く、車の事はよく知らず、興味もなく、運転する気もないのに免許を取ったのだそうです。

その理由は・・・



就職に有利になるように

だって。

企業が求人募集する時の採用条件に、「要普通免許」というのがあります。

しかしそれは、「免許を持っている人」を募集しているわけではなくて、「運転する人」を募集しているわけです。

企業側からしたら、「運転免許を持っているから採用したのに、実は運転できなかった・・・」では、ある意味詐欺ですよね(笑

普通は、運転するために教習所に通います。

ということは、免許を取ってからがスタートなはず。

しかし、その後輩は免許を取るのがゴールになってしまってるんですね。

「最近の若いもんは・・・」と感じる私は年寄りなのでしょうか(^^;



2件のコメント

  1. こんばんは☺️今の若い人は車に興味ない人が多いですね。
    オートマ限定免許しか無くて、社会に出てから必要にかられて、慌ててマニュアル取りに行ったりとかあります。

    1. ジョコ様
      おはようございます。

      今の若者はほとんどがAT限定免許ですね。
      私の世代だと、ギアチェンジを手動でするのが楽しくてMT車に乗っていたものですが・・・。
      若者の車離れを目の当たりにした思いです。

コメントを残す