その時、二人が見たモノは!?

今回のお店は、越後湯沢駅のぽんしゅ館と同じ建物内にある「雪ん洞(ゆきんと)」さん。

魚沼産のコシヒカリを使った「おにぎり屋」さんです。

「おにぎり専門店」ってたまーに見かけますよね。

小腹が空いた時に入るお店というイメージがあります。

しかし、ここのおにぎりは他のお店のとはちょっと違うんですよ。

さて、何が違うと思いますか?

おにぎりの具は色々あって選べます。

私は「きざみ」という味噌漬けにしました。

お値段は・・・

1個620円! (みそ汁付き)

吉野家の特盛に近い価格ですよね。

そう。ここのおにぎりはサイズが巨大なのです!

おにぎり1個でお米1合(茶碗2杯分)だそうですよ。


お姉さんがそのおにぎりを作っています。

あの米の塊・・・・もはや、「にぎる」という大きさではないですね。ある意味「おにぎらず」です。

さて、完成しました。


みそ汁付きは嬉しいですね。

手に取ってみました。

それほど大きくないように見えるのは写真の撮り方のせいです。

これが中身です。(食べかけでごめんなさい)

これが「きざみ」という味噌漬けなのですね。茎系の食べ物です。

おにぎりと一緒に付いてくる銀色のモノは何でしょう?

メタルスライムっぽいですよね。

中身はこれまた漬物系でした。

おにぎりを食べた感想は・・・

お腹が空いていたってのもありますけど、本当に美味しいお米でした!

さて、その二日後。



古民家遊びを終えて帰路につく私たちは、新幹線に乗るために再び越後湯沢駅まで来ました。

新幹線の時間よりもだいぶ余裕をもって到着です。

なぜなら、帰る前にもう一度 「ぽんしゅ館」に寄るため(笑

しかし、この日は朝から何も食べてなく、空きっ腹に日本酒を入れると悪酔いする恐れがあるため、その前に軽く何か食べようという事になりました。

私は売店で豚まんを購入。

Sさんは立ち食いソバを。

そして、魚沼産コシヒカリの味に感動したB君は、「爆弾おにぎり」をまた食べると言い残し、一人でお店に向かいました。

私はSさんがソバを食べ終わるまで待ち、二人でB君の元に向かいました。

そこで二人が目にしたものは・・・・

顔面サイズのおにぎりを食べているではありませんか!!!

 

・・・コレ、「爆弾おにぎり」より更に更に巨大な「大爆おにぎり」といいます。

上の方にアップしたメニュー写真にも載ってますね。

米の量は4合(茶碗8杯分)です。5種類の具が入って2,060円。

すでにおにぎりの価格ではありませんね。うな重クラスです。

仕方ないので、血迷ったB君を応援する事にします。

さあ、徐々に違う具が顔を出してきました。

おにぎりは重い上、段々と米が崩れてくるので・・・

容器に置きながら食べ進めます。

この「大爆おにぎり」を完食すると、記念写真を撮ってくれ、お店に飾ってくれるんですって。

おにぎりが減るスピードが段々遅くなってきました。

というか、もうこれおにぎりではありませんね。

ただの2,060円の弁当になってます。

ちょっとこれは時間がかかりそうなので・・・もうSさんと二人でぽんしゅ館に行っちゃいます(笑

そして、日本酒をチビチビ楽しみ、B君のところに戻ってみると・・・

だいぶ手こずってますね。

でも、もう少し!

頑張れ!

しかし、ここでギブアップ。。

・・・微妙な量が残ってます。

傍目で見たら、あとこれくらいなら何とか食べられるんじゃ・・・という気もしますが、本人は相当苦しい様子。

この日、B君は悟りました。

「美味しいものは適量だからこそ美味しい」と。

【雪ん洞】新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢2427-3 JR越後湯沢駅




ブロトピ:新潟県のグルメ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。