楽しい湯沢フィッシングパーク!でもニジマスばっかり・・・

今回は番外編。

毎年恒例になりつつある「古民家遊び」に行ってきました。

今回の場所は、新潟県の湯沢のそばです。

併せて、外遊びというかちょっとしたアウトドアをしようという事になりました。

一緒に行ったメンバーが釣り好きなので、日本海の釣り施設の情報などを調べたのですが、なかなか良い場所がなく・・・

仕方ないので渓流釣りにしました。

もちろん、天然魚ではなくて養殖魚を放流している川(笑

場所は「湯沢フィッシングパーク」です。

非常に気持ちの秋晴れ!!(これは昨年の10月です)

ですが・・・車が全然停まっていませんね・・・。

せっかく来たのに、「これは休みだな。。」

と思ったら・・・・まさかの営業中(笑)。

では、早速道具をレンタルして餌とビールを買って釣りをしましょう!

ご覧の通り、全く人気がありません。

なぜだろう?と思ったら、あと数日で今シーズンの営業は終了してしまうのだとか。

もう客がほとんど来ない時期なのですね。

この日はポカポカ陽気で暖かかったですが・・・

日が出ていない時はかなり寒いかも。

仕掛けを投入し、ものの数秒で釣れました。

釣り人がいないので、魚が飢えているのでしょうか。

連れて当たり前って感じですね。いくらでも釣れます。

ニジマス、ヤマメ、イワナを放流しているようですが、私はニジマスばかり・・・

ニジマスよりヤマメ、イワナの方が美味しいんですけどね。

釣り過ぎても食べられないので、5匹で止めておきました。

あとは、ビールを飲みつつ仲間たちの釣りの様子を眺める事にします。





すると、友人Sがまた変な魚を釣りました。

これはカジカ。放流魚ではなくて天然モノだそうです。

さすがに小さいのでリリース。

川沿いをブラついていて気が付いたのですが・・・地面をよくご覧ください。

アップすると・・・

そう、ドングリが大量に落ちています。

自然ならではですね。

さて、十分に釣りを堪能したので、そろそろ魚を焼く準備をしましょう。

この水場で魚を捌きます。

ナイフを使って自分たちで捌くんですよ。

内臓を取り除き、水でしっかりと流してから塩を多めに振ります。

そして、串(1本50円)を刺して焼き始めます!

手前側の魚は私のですが・・・これ、焼き方がちょっと間違っています。

本当は、魚の背びれを火の方に向けて焼くのが正しいそうです。

炭火でじっくりと。時間をかけて焼き上げます。

友人Sさんは日本酒タイム。

そろそろ良いでしょうか。

ホクホクで美味しいです(^^

余ったのは新聞紙に包み・・・

古民家の宿で頂くとしましょうか。

後編に続く

ブロトピ:新潟県のグルメ

2件のコメント

  1. 再開していたのですね(汗)
    出遅れ感がありますが(笑)
    おぉ釣りですかぁ久しくやっていませんよぉ〜
    昔は、ニジマスも釣りに行きましたっけ(同じく天然ではなく養殖を放流したところで)(笑)
    珍しいものではタコ釣りとかカワハギ釣りもしましたよ。
    ニジマスもその場で焼いて食べると美味しいですよね。
    ビールによくあいます(笑)

  2. 魔王さま
    まだ再開したばかりなので大丈夫です(笑
    今年もひっそりとブログを更新していくのでよろしくお願い致します(^^)
    タコなんて釣った事ないので興味深々です!
    釣ったその場で食べると美味しいですよね。
    暑い日はビールも美味しいですし。

コメントを残す