台湾の汁ビーフン 【羅媽媽米粉湯】

 

段々とシリーズ化してきた「台湾朝食シリーズ」(笑

今回は、汁ビーフンが美味しいと評判のお店があるので、そこに行ってみたいと思います。

朝からMRTに乗って、ちょっと遠出をしてみます。

MRTというのは地下鉄の事です。

IMG_20160610_091418.jpg

車内はこんな感じです。

IMG_20160610_091554.jpg

シートの材質がプラスチックのような感じなので、長時間座るとお尻が痛くなりそうですね。

さて、駅名を忘れましたが目的の駅に到着し、さらに歩くこと数分。
IMG_20160610_093010.jpg

到着したのは、「羅媽媽米粉湯」さん。

IMG_20160610_093216.jpg

店名に「米粉湯」とある通り、ここは汁ビーフンが絶品だそうです!

向かい側にも似た名前のお店がありますね。

IMG_20160610_093235.jpg

これらのお店ですが、浅草アメ横のビル内や横浜のたべもの横丁のように「一つの建物内に複数の飲食店が雑居している空間」となっています。

空きテーブルに案内されましたが、なぜか私たち二人は対面ではなくて隣同士座るように勧められました(笑

お店の規模の割には店員さんが多く、皆さん忙しそうに動き回っていますね。

IMG_20160610_093146.jpg

気が付くと、いつの間にか私たちの対面におばあちゃんが座っていました。

その佇まいから、何となくお店の関係者っぽい雰囲気です。

おばあちゃんはニコニコしながら、いかにも私たちと会話をしたがっている様子。

台湾の大抵のご老人は日本語が話せるので、このおばあちゃんも絶対に日本語が話せるはず!と確信。

案の定、日本語がかなりお上手でした(^^
IMG_20160610_093415.jpg

お年はどうやら85歳。お元気ですね!

後日知ったのですが、このおばあちゃんはオーナーさんのようです。
Screenshot_20160813-190256.jpg

さて、名物の汁ビーフンが登場。

IMG_20160610_093345.jpg

しかし、なぜか器が2つ出てきました。。
IMG_20160610_093409.jpg

汁だけの方の器は何だろう?と初めは意味がわからなかったのですが、汁ビーフンを二人で分ける取り分け用の器

に、サービスで汁だけ入れてくれたのでした。

今回の旅では、色んなお店でこういう何気ないサービスをたくさん頂いたんですよ。

現地の皆さん、日本人に対して温かくて本当に気持ちの良い旅になりました(^^

さて、お次は「黑白切」(肉とホルモン類の盛り合わせ)が登場。

IMG_20160610_093529.jpg

このチャーシューのようなお肉は本当に絶品!

そして、ホルモンも本当に美味しいんです!

ホルモン系が嫌いな人は、このチャーシューのようなものだけの注文も可。

他の店員のおばちゃんが調理料を3種くらいブレンドしてくれ、「これを付けると美味しいよ!」と。

またまた嬉しいおせっかいです(笑

私たちが食べている最中、おばあちゃんは色々とお話を聞かせてくれます。

日本の歌も大好きで、私たちがよく知る歌を次々と歌ってくれました。
IMG_20160610_093352.jpg

友人もおばあちゃんが気に入ったようで、一緒に合唱したりツーショット写真を撮ったり(笑

さらに、お会計時には、ご機嫌なおばあちゃんの鶴の一声で料金をまけてくれました(笑

最後は握手をし、お互い笑顔でお別れ。

また会いに行きたいと思います。

【羅媽媽米粉湯】台北市信義路二段87巷入る




ブロトピ:海外グルメ

2件のコメント

  1. 台湾の人って日本が好きな人が多いって聞きますが本当そうなんですね。
    汁ビーフンなんてものがあるんですね。
    なんかヘルシーで美味しそうじゃないですか!?
    店の雰囲気もなんかアットホームでいい感じですね。

  2. 魔王さま
    そうなんです。
    台湾人は親日家が多いんですよ(^^
    そのうえ、「人に親切にすると、巡り巡っていずれ自分に還って来る」という道徳的は教えが根付いているから、尚更親切なんです(^^
    このお店、美味しいし安いしおばあちゃんは楽しいの三拍子でした(^^

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。