熊谷うどん 【湯楽亭】

 

埼玉県の熊谷市で温泉を楽しみ、温泉施設内の食事処で「熊谷うどん」を発見。

せっかくなので、食べてみることに。

これは、冷たいうどんを温かいつけ汁につけて頂くようですね。

つけ汁は3種類の中から選べました。

くまがや1.jpg

その中から、私は「なす汁」を選択。

なすと油揚げと長ねぎがたっぷりです。

くまがや3.jpg

 

味はちょっと甘じょっぱくて濃い目です。

うどんの上に紫蘇の葉が乗っていますね。

くまがや2.jpg

紫蘇は自己主張が強過ぎるので、個人的にはうどんとは合わない気がします。

ところで、この「熊谷うどん」とは一体何かというと・・・

熊谷市は小麦の収穫高が県内一。

それをウリにして街おこしをすべく考え出されたうどんで、熊谷産の小麦を50%以上使用していれば「熊谷うどん」を名乗れるそうです。

しかし、小麦の収穫高が県内一とはいっても、都道府県別でみると埼玉県の小麦収穫高は全国第6位(2014年度)なんですよね。。

ちなみに第1位はぶっちぎりで北海道。なんと総収穫高の約3分の2を占めています。

北海道というだけで美味しそうに感じてしまうのが不思議ですね(笑

でも、うどんの生産量で見ると、埼玉は全国第2位です。

収穫した小麦の大部分がうどんに変身するのでしょうね。

ちなみに、うどんの生産量第1位はもちろん香川県。

その香川に次いで2位という事は、もっとPRして良い気がします。

そして、こちらのお店は熊谷産小麦100%のうどん。

温泉施設の食事処だからといって侮れませんね!

じっくりと味わって頂きました(^^

【湯楽亭】熊谷市月見町2-1-65



紹介 マッコリ

スノボ、旅行、温泉、珍グルメ探訪、男はつらいよが好きです。

2件のコメント

  1. うどんは、鍋焼きうどんしか食べていなかったですwうどんとそばどちらと聞かれると蕎麦派だったのですが、香川に行った時にうどんを食べて以来うどんも好きになりましたね(笑)
    熊谷市が2位なんて知りませんでした。
    もっとPRするべきですね(笑)
    熊谷というイメージは、暑いというイメージだけですからね(苦笑)

  2. 魔王さま
    冬は鍋焼きうどんが最高ですよね!
    美味しくて温まります(*^^*)
    私は少年時代はうどん派でしたが、大人になった現在では両方好きです(笑
    そうですね、この「熊谷うどん」はもっとアピールして、讃岐を脅かすうどんになれば楽しいです(^^

コメントを残す