台湾の小籠包2 【済南鮮湯包】

台北には色々な小籠包屋さんがありますが、その中でもかなりの人気店に行ってきました。

済南鮮湯包(ジーナンシェンタンバオ)です!

DSC01750.jpg

このお店は「小籠包のプレーン味」と「しらすチャーハン」が評判なので、とりあえず食べてみましょう!

注文は、A4版の注文票に赤ペンで数量を書き込んで店員さんに渡す方式。

しかし、その注文票はラミネートされ、ペンも懐かしのクーピーみたいなもの。

DSC01742.jpg

・・・思った通り、字がよく書けませんね。。

うっすらと映った数字ですが、こんなので注文できるのかな?

はい、しっかりと注文できたようです(笑

こちらのお店では、小籠包は注文を受けてから包むので、登場するまで少し時間がかかるとか。

より美味しい小籠包を食べるためには仕方ないですね。

作り置きをすると、どうしても鮮度が落ちてしまいますので。

という事で、先に「しらすチャーハン」が登場。

DSC01744.jpg

これも絶品という噂なんですよー。

揚げシラスがたっぷりです。

アップでどうぞ。

DSC01745.jpg

カリカリのシラスはとても香ばしいです。 

塩加減と焼き加減が絶妙!

シラスと玉子とご飯がバッチリ絡み合う感じ!噂は本当でした(^^ 

そして、お待ちかねの小籠包が登場!

DSC01748.jpg

皮が薄すぎて、中身がうっすらと透けています!

では頂きましょう。

まずは醤油と・・・もう一つは黒酢かな?

uhf.jpg

これを刻みショウガに掛けます。

私は醤油だけ使いました。

そして、小籠包の皮を破いて肉汁を出すのですが・・・皮の薄さの割には破れにくい! 

弾力が凄いのですね。

ひとたび破れると、レンゲから溢れそうなほどの肉汁が。

DSC01749.jpg

一口味わってみて・・・美味しいとしか言葉がでません!!

やはりショウガと一緒に食べるのが一番ですね。

餡もたっぷり詰まっていて大満足です(^^

こちらのお店、昼の部の営業時間は11:00~14:30。

14:00過ぎに行ったらすぐに座れましたが、お昼時は行列必至でしょうね。

店内には日本語のメニューがありますよ。

お客さんは日本人だらけでした(笑

いずれにしても、台湾に行ったら必ず小籠包!

こちらのお店も候補に入れて下さいね。

【済南鮮湯包】台北市大安区済南路三段20号



紹介 マッコリ

スノボ、旅行、温泉、珍グルメ探訪、男はつらいよが好きです。

コメントを残す