関西ではおなじみの「てっからうどん」が鶴見で食べられる!

 
「てっから」って??

なんだか響きの良い言葉ですが、どんなうどんなのか全く想像がつきませんね。

ということで注文してみましたよ。

これです

image.jpg

ちょっと具が少なめの普通のうどんのようですが・・・

肉のような茶色いモノが入っているのわかります?

それを中央に寄せてみましたよ。

てっから.jpg

これが「てっから」。

「油かす」とも呼ぶそうです。

牛ホルモンの余分な脂と臭みが抜けるまでじっくりと素揚げしたもので、肉の旨味がギュッと凝縮されているんですって。

確かに噛むと濃厚な味が。

つるつるしたうどんはややもっちり。

やはりスープは関西風なのでしょう。

透明感がありながらもしっかりとダシがきいていますね。

はー。それにしても、やっぱうどんは美味しいです(^^

スープにはけっこう脂が浮いています。

これはてっからのせいでしょうかね。

しかし、脂っぽさはあまり感じずあっさりしています。

具はねぎとてっからだけだと思いこみ食べすすめていたら・・・

突如、柑橘系の味と香りが。

もしやと思いよく見たら・・・

やはりゆずの皮も入っていました。

これがあっさりスープの立役者でしょう。

このうどんは大阪のある地域では古くから食べられているそうですが、関東では非常に珍しいですね。

神奈川ではこちらのお店でしか食べられないんですって。

うどんファンは必食の味ですよ。

【てっから本舗】横浜市鶴見区駒岡3-4-6 



このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介 マッコリ

スノボ、旅行、温泉、珍グルメ探訪、男はつらいよが好きです。

コメントを残す