宇和島の顔的グルメ「じゃこ天」

 
宇和島といったらコレは外せません!

そう、「じゃこ天」

DSC00896.jpg

新鮮な小魚を、内臓を取って皮つきのまま骨ごとすり身にして揚げたものです。

しかし骨ごとすり潰すって凄いですね。

そのせいか、5回噛むと1回くらいは「あれ、今何か噛んだ」という歯ごたえを感じます。

きっとDHA・EPAだけでなく、カルシウムもぎゅっと詰まっていることでしょう。

ですが、味に特別なクセはなく、さつま揚げの類が好きな人なら美味しく頂けるはず。

そのまま食べてもOKですが、軽く火で炙るとさらに美味しいんですよ。

もちろん、おつまみにも最高です!

私はこういう練り物系は大好きなので、居酒屋で見つけたら絶対に注文しますね。

宇和島には、じゃこ天の製造直販店がいくつもあります。

スーパーなどに行っても、まず売っていますね。

ただし、あまり厚みのないものが多いですが。

いずれにしても、宇和島の顔的存在のじゃこ天。

首都圏のスーパーなどで宇和島産のを発見したら、価格を確認してみて下さい。

かなり高くてびっくりすると思いますが、それだけ味も別格なのですよ。

宇和島に行った際には必食です!



このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介 マッコリ

スノボ、旅行、温泉、珍グルメ探訪、男はつらいよが好きです。

2件のコメント

  1. マッコリ様
    実は10月23日~24日は愛媛県松山におりまして、松山空港で食べた揚げたてじゃこ天が無茶苦茶うまかったです!
    純野

  2. 純野さま
    昨日まで松山に行かれていたのですか。
    揚げたてはまた格別でしょうね!
    食べたいです・・・(^^

コメントを残す