きたなシュランなホルモン焼き屋 【がま親分】

味のある使い込まれた七輪。
1-3c8bd[1].jpg
それにしても、備長炭と七輪で焼く肉は最高ですねー
5[1].jpg
このお店はあまり安くはありませんが、美味しいホルモン焼きが食べられます。
この日食べたのは、コブクロ・塩ホルモン・ガツ・ミノ。
7[1].jpg
やっぱり美味しい。
そして、シメはやはりカルビクッパ。
6[1].jpg
辛ウマです(^^
そして、このお店は鹿やイノシシなど珍しい肉も揃っているんですよ。
酒も黒ホッピーや電気ブラン、ハブ酒などなど。
カウンターには、たぶんハブだと思われる蛇が浸かっている酒瓶が。
きっとあれがハブ酒でしょう。
いつも気になるけど注文したことはありません。
同じく、カウンターにきたなシュラン人形が飾ってあります。
というより人形ケースに入れられて放置状態のような。。
9.jpg
壁にはきたなシュラン認定証も貼ってありました。
それと…なぜかベンジョンソンの写真も(^^;
4[1].jpg
そして、この店一番の名物は猛烈な煙。
噂では、ゴーグル持参で来店する人もいるとか。
スーツでの来店は厳禁。
手荷物や上着などはビニール袋に入れてくれるのですが、それでもにおいが付きます。
夏はカウンターのトイレ方面の一番奥の席は要注意。
扇風機だかエアコンだかの風に煽られて、目が痛くなるほどの煙が襲ってきます。
それでも、たまにこのお店の肉が食べたくなるから不思議。
私が横浜に移り住んだ約15年前から佇まいの変わらないお店。
実際にはもっともっと前から変わっていないのでしょうが。
当時、この店の前を通るたびに「変な名の店だな」と思っていました。
3[1].jpg
まさか、いずれ何度も行く事になるお店だとはその時は思いもしませんでした(^^
このお店に土曜日に行かれる方は開店時間にご注意下さい。
グルメサイトやお店のホームページでは16:00からとなっていますが、現在は17:00からのようです。
【がま親分】横浜市中区日ノ出町1-102



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。