冬の味覚の王様!越前ガニ 【かねいち】

冬の北陸といえば、越前ガニ!
ということで食べてきました。
このお店はカニ問屋直営なので、獲れたばかりの新鮮な越前ガニが食べられます。
さて、ズワイガニ、松葉ガニ、越前ガニ、どれもよく聞く名ですが、それぞれの違いはご存知ですか?
実はどれも同じカニ。
というより、正式名はズワイガニで、獲れた地域によって呼び名が変わるのです。
さて、このお店で注文したのは越前ガニセット。
美味しそうなモノが次から次へと運ばれてきて、あっという間にテーブル上のスペースがなくなります。
DSC00492.JPG
DSC00493.JPG
DSC00494.JPG
DSC00496.JPG
DSC00495.JPG
越前ガニ、セイコガニ(メスの越前ガニ)、焼きガニ、魚や甘エビの刺身、カニ足やエビの唐揚げ、バイ貝、味噌汁…他は忘れました。
それにしても、カニを剥くのって難しいですね。
店のおばちゃんが、カニの殻の外し方と身の剥き方を教えてくれますが、早技過ぎてよくわかりません。
カニの殻を変なふうに外してしまうと、美味しい部分(カニみそ)が流れ出てしまうらしいですよ。
私は剥き方を予習して行ったのですが、それでもきちんと剥けずに無駄にしてしまった身もたくさんありました(–;
セイコガニのお腹には卵がぎっしり。
おばちゃん曰く、この卵は食べられないと思って捨ててしまう人もいるようです。
実にもったいない話のようですが、卵は取りずらい上に食べても特に美味しいわけでもありません。
蟹の足には黄色いタグが付いています。
以前から気になっていたこのタグ、これは越前で獲れたカニの証明らしいです。
なるほど、確かにタグには「越前」の文字が刻まれています。
松葉ガニや加納ガニなどにもそれぞれ違う色のタグが付いているそうです。
この付近、国道305号線沿いにはカニ料理の店がたくさんあります。
冬に越前地方に行く機会があれば、ぜひ越前ガニを味わって下さい。
【かねいち】福井県丹生郡越前町米ノ




↑クリックをお願いします
にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

コメントを残す