小田原どん 【でん】

魚がし海鮮丼
DSC00351.JPG
DSC00352.JPG
小田原には「小田原どん」というご当地グルメがあります。
この小田原どんの定義ですが、
1、小田原産の食材を一つ以上使うこと
2、小田原漆器の器に盛って提供すること
3、お客様に、小田原がもっと好きになるようにおもてなしすること
だそうです。
食材に小田原産を使えばオッケーという事なので、牛肉や豚肉などを使用した小田原どんを提供するお店もあります。
小田原という場所柄、やはり魚が美味しそうなので、私は海鮮丼を選びました。
朝一番で獲れた新鮮な魚たち。
ぶ厚い魚の切り身。
ネギトロにシラス。
ネタは美味しいですね。
ご飯は酢具合はちょうどいいのですが、ちょっと冷たくて硬い気がしました。
あら汁はいい味出てます。
写真を見ても分かるとおり、あら汁の器のほうがメインの丼より大きいです。
みそ汁サイズのお椀では雰囲気が台無しですものね。
それにしても、エビのヒゲが長すぎて邪魔です(笑
【魚河岸でん】小田原市栄町2-3-4 美ゆ紀ビル






にほんブログ村

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。