容器がかわいい!越前かにめし 【番匠本店】

「番匠本店」の越前かにめし。
DSC00356.JPG
これは福井では歴史のある駅弁です。
容器の形がカニというのがかわいらしいですね。
DSC00357.JPG
この容器はプラ製ですが、発売当初は陶器製だったそうです。
という事は、峠の釜めしのような器でしょうか。
何となくコストが高そうですね。
フタを開けてみると、ズワイガニの身、卵巣、みそなどをほぐして炊き上げたご飯の上に、かにの足や肩肉がたっぷりと乗っています。
DSC00359.JPG
殻を自分で剥かずに身が食べられるというのは嬉しいですね。
番匠本店のHPには、「他の具材を一切いれず、蟹だけで勝負する直球駅弁だからこそ、ごまかしのきかない逸品として福井駅弁ブランドとしての地位を築いてこれた」とあります。
なるほど、長い間親しまれてきたのも頷けます。
このまま食べても美味しいですが、ちょっとだけレンジでチンすると風味も増して美味しそうです。






コメントを残す